読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅子の部屋

どんなに心が沈むことがあっても、このブログを書くことによってしっかりと前を向けるようになれたらいいな。 作詞作曲歌うたいの二児の母。

【Real Cinderella】合作完成★withタナ

ありがたいことに新作が続いております♪

今回は、前回もお世話になった北の大地のギタリスト、TANAさんから、彼のオリジナル曲での合作のお誘いを頂き、私は作詞と歌で参加させて頂きました♪

 

そこで今回は、この作詞について、私は普段どんな風にしているかをぶっちゃけてみようかと思います♪
といっても、単なる素人なので、(ふーんw)って程度の話ですが…(笑)

 


遡ること約5年前…

私が、生まれて初めて(あ、生まれて初めてでもないかもです(笑)幼稚園の頃はよく歌をつくっていましたw)、真剣に「作詞」をするようになって、しばらく経った頃…

 

勉強してみよう!と本屋さんに行きました。

 

私がまず興味を示したのは、起承転結とか比喩法とか、作詞そのものの本ではなく、作詞するにあたっての行動・モノの見方など、作詞以前のことでしたw

 

今は人の手に渡ったので、どんなタイトルだったかは忘れましたが、「普段しないことをしてみよう」的な内容で、例えば、

 

・雨に濡れてみよう
・目的のない駅で降りてみよう
・後ろ向きで歩いてみよう
・景色を逆さまに眺めてみよう

 

こんなことが書いてありました。
このへんは、まぁなんとなくわかります。

 

更にページを進めていくと、

 

・声を出して空と話してみよう

・自分で髪を切ってみよう

・足で箸を持ってみよう
・食べ物以外のものを口にしてみよう

 

ヤバイですw

作詞をするには、まずは変人にならないといけないらしいです(笑)

 

なるほどwそゆことなのか!!

 

私は妙に納得し、普段私が、常識から外れることをマイナスだと感じていたことがプラスになった瞬間でもありましたw

後ろ指さされることなど、むしろ自信に繋がることなんだと確信しましたw

他人様に迷惑さえかけなければ、少しくらい変なことをしてもいいんだと。

(それは子育てにも影響しましたw)

 

この、考え方そのものが変わったということ自体、作詞を通して私には新しい世界が広がりましたね☆

 

随分と本題に入るまでの前置きが長くなってしまいましたが、

いよいよ作詞です。

 

(ちょっとお茶を飲みますね。)

 

では、


■メロディーに詞をのせる編

(詞にメロディーをのせる編・詞&メロディー同時進行編はまた別の機会に)

 

①メロディーを死ぬほど聴く

②メロディーにあわせて鼻歌を歌う。

③そのメロディーやリズムに合うように、母音に「゙」や「゜」、小さいヤユヨ、更に強弱を付けて、真剣な鼻歌を歌う。

④「ここは絶対この歌詞がいい!」というところから全体のイメージを作る

⑤微調整

 

以上ですw

 

とても簡単そうですが、考えれば考える程訳がわからなくなってくるので、あまり時間をかけずにまず一通り作ってから、練りに練り直すというのが私のパターンかもです。

 

しかし実は今回はぶっちゃけ…
とても悩みました(~_~;)

相方さんにも相談したり…

 

そしてなんとか、完成できた訳ですが\(^o^)/

 

その詞がこちらになります

↓↓↓

 

【Real Cinderella】

1)午前10時のアラームで
今日が始まる金曜日
朝食はファーストフード
履き慣れたガラスの靴で歩く

「ご案内」の合図で魔法の扉開く
夢の国ですさぁどうぞ
お嬢様あちらの王子様がご指名です

 

2)ママには言えないアルバイト
バレないようにちゃんとないと
お客様もうお時間ですよ
今日一番の笑顔でありがとう

ホタルノヒカリ」で魔法が解け始める
黒いカラスが言いました
本日のお食事代はこちらになります

 

家に着けばもう午前2時
メイク落としてヒトリエッチしてお休み♡

 

GoGo!Real Cinderella
女を磨け Cinderella
ガラスの靴がもしも割れた時には
新しいスニーカーで新しい私になるの
王子様には 逢えない( 。-_-。)

 

* * * * * * * * * * 

 

こちらが完成形になります♪↓↓↓

https://youtu.be/aFCSVgw-5iI


どのように感じ取っていただけましたでしょうかw

私が参考にした、作詞の本は役に立ってるでしょうか…w
たってるはず!!(笑)

 

そして、今回ご一緒させて頂いたお二人には、私の存じ上げる範囲内では既にその要素が備わっていたというか…天性のものというか…(笑)

参りましたwww

 

とにかく、

少々人と違っていようが、食べているものに偏りがあろうが、変人であろうが…

堂々とカッコ悪く生きていれば楽しい!と肌で感じる今日この頃でした!!

 

以上。


最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)☆


f:id:BENNIE_SONGU:20161205115824j:image