紅子の部屋

どんなに心が沈むことがあっても、このブログを書くことによってしっかりと前を向けるようになれたらいいな。 作詞作曲歌うたいの二児の母。

【LOVER SOUL】ジュディマリ(カバー)★完成

28年前のクリスマスイブ。

 

小学生の私は、怪しい…wと勘ぐりながらも、いつものようにサンタさんにお手紙を書きました。

 

翌朝にはプレゼントとお手紙が!☆

 

でも私はこの後気付いてしまうのです…

 

字が、、、(笑)

 

私「これお母さんの字や~~ん

Σ( ̄□ ̄)!!!」

母「あははははwバレた~~?(^◇^;)」

 

と、あっけなくサンタさんの正体を知ってしまいまった訳ですw

 

 

そして今年は30代最後のクリスマスw

 

 

私に贈られてきたのは素敵な音でした♪

 

ユニット相方のGAINさんとギタリスト棚さんの奏でる演奏で、私は大好きなジュディマリの冬歌を歌わせて頂きました☆↓↓↓

 

https://youtu.be/n4Lt1o36xuw

 

これを何年後、何十年後…

 

どんな気持ちで聴くんだろね(^_-)☆

 

f:id:BENNIE_SONGU:20161220164550j:image

【Real Cinderella】合作完成★withタナ

ありがたいことに新作が続いております♪

今回は、前回もお世話になった北の大地のギタリスト、TANAさんから、彼のオリジナル曲での合作のお誘いを頂き、私は作詞と歌で参加させて頂きました♪

 

そこで今回は、この作詞について、私は普段どんな風にしているかをぶっちゃけてみようかと思います♪
といっても、単なる素人なので、(ふーんw)って程度の話ですが…(笑)

 


遡ること約5年前…

私が、生まれて初めて(あ、生まれて初めてでもないかもです(笑)幼稚園の頃はよく歌をつくっていましたw)、真剣に「作詞」をするようになって、しばらく経った頃…

 

勉強してみよう!と本屋さんに行きました。

 

私がまず興味を示したのは、起承転結とか比喩法とか、作詞そのものの本ではなく、作詞するにあたっての行動・モノの見方など、作詞以前のことでしたw

 

今は人の手に渡ったので、どんなタイトルだったかは忘れましたが、「普段しないことをしてみよう」的な内容で、例えば、

 

・雨に濡れてみよう
・目的のない駅で降りてみよう
・後ろ向きで歩いてみよう
・景色を逆さまに眺めてみよう

 

こんなことが書いてありました。
このへんは、まぁなんとなくわかります。

 

更にページを進めていくと、

 

・声を出して空と話してみよう

・自分で髪を切ってみよう

・足で箸を持ってみよう
・食べ物以外のものを口にしてみよう

 

ヤバイですw

作詞をするには、まずは変人にならないといけないらしいです(笑)

 

なるほどwそゆことなのか!!

 

私は妙に納得し、普段私が、常識から外れることをマイナスだと感じていたことがプラスになった瞬間でもありましたw

後ろ指さされることなど、むしろ自信に繋がることなんだと確信しましたw

他人様に迷惑さえかけなければ、少しくらい変なことをしてもいいんだと。

(それは子育てにも影響しましたw)

 

この、考え方そのものが変わったということ自体、作詞を通して私には新しい世界が広がりましたね☆

 

随分と本題に入るまでの前置きが長くなってしまいましたが、

いよいよ作詞です。

 

(ちょっとお茶を飲みますね。)

 

では、


■メロディーに詞をのせる編

(詞にメロディーをのせる編・詞&メロディー同時進行編はまた別の機会に)

 

①メロディーを死ぬほど聴く

②メロディーにあわせて鼻歌を歌う。

③そのメロディーやリズムに合うように、母音に「゙」や「゜」、小さいヤユヨ、更に強弱を付けて、真剣な鼻歌を歌う。

④「ここは絶対この歌詞がいい!」というところから全体のイメージを作る

⑤微調整

 

以上ですw

 

とても簡単そうですが、考えれば考える程訳がわからなくなってくるので、あまり時間をかけずにまず一通り作ってから、練りに練り直すというのが私のパターンかもです。

 

しかし実は今回はぶっちゃけ…
とても悩みました(~_~;)

相方さんにも相談したり…

 

そしてなんとか、完成できた訳ですが\(^o^)/

 

その詞がこちらになります

↓↓↓

 

【Real Cinderella】

1)午前10時のアラームで
今日が始まる金曜日
朝食はファーストフード
履き慣れたガラスの靴で歩く

「ご案内」の合図で魔法の扉開く
夢の国ですさぁどうぞ
お嬢様あちらの王子様がご指名です

 

2)ママには言えないアルバイト
バレないようにちゃんとないと
お客様もうお時間ですよ
今日一番の笑顔でありがとう

ホタルノヒカリ」で魔法が解け始める
黒いカラスが言いました
本日のお食事代はこちらになります

 

家に着けばもう午前2時
メイク落としてヒトリエッチしてお休み♡

 

GoGo!Real Cinderella
女を磨け Cinderella
ガラスの靴がもしも割れた時には
新しいスニーカーで新しい私になるの
王子様には 逢えない( 。-_-。)

 

* * * * * * * * * * 

 

こちらが完成形になります♪↓↓↓

https://youtu.be/aFCSVgw-5iI


どのように感じ取っていただけましたでしょうかw

私が参考にした、作詞の本は役に立ってるでしょうか…w
たってるはず!!(笑)

 

そして、今回ご一緒させて頂いたお二人には、私の存じ上げる範囲内では既にその要素が備わっていたというか…天性のものというか…(笑)

参りましたwww

 

とにかく、

少々人と違っていようが、食べているものに偏りがあろうが、変人であろうが…

堂々とカッコ悪く生きていれば楽しい!と肌で感じる今日この頃でした!!

 

以上。


最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)☆


f:id:BENNIE_SONGU:20161205115824j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ヒトリジメ】オリジナル曲★完成♪

まずは新曲を聴いてください(^_-)♪

↓↓↓

https://youtu.be/y0QtpylCGLE

 

 

今回は、この詞の内容をアテに一人恋バナをしてみようかと思います(^_-)

 

もうね、既婚15年ともなれば、いわゆるガールズトークというものができる友達も近くにはいなくなりw、こういう話しをする相手もいないんですよね~w

なので妄想で恋詩を作る時はとても楽しいんですが、今回の曲は相方の男性GAINさんが作詞作曲をしてくれたものなんですw

これを見た瞬間、「な、なんでわかるの~www」って感心する程、女心をリアルに描写したものに仕上がっていたので驚きでした(笑)

 

まずこの曲のキーワードは

★『Spend you all time for me』

☞「アナタの時間は全て私の為に費やしてね」という意味ですが、ん~なかなかの束縛女ですね~(笑)

 

次に

★『私の知らないとこであなたが浮かれていると気に入らないの』

☞確かに気に入らない!!o(`ω´*)o

でも、私的には、多少嫉妬させてくれるともえますw

 

そして妙に私が共感したのは

★『いつものサイン気がついてよ』

☞わかるわ~~~www

口に出さなくてもわかるでしょー!って女は思うけど、男の人ってストレートに伝えないと気付かないらしいんですね(-ω-;)鈍感。

 

更に

★『例えば明日目が覚めたら、あなたは隣にいなくて全ては夢のお話』

☞まさしくこれが厄介!!恋をすると幸せなはずなのに、なぜか悲しいことを考えてしまう(T_T)

しかし悲劇のヒロインも時には必要w

 

 

 

そんなことあったなぁ~w

なんて思いながら書いていますw 

 

今なら…

 

どんな恋愛するんだろw

 

もう一度

 

『Spend you all time for me』

 

なんて思えたら、私の人生最高だけどね~(o^-^)


f:id:BENNIE_SONGU:20161125234447j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【WE CAN DO】オリジナル曲★完成♪

すっかりご無沙汰しております(;^_^A

もうすっかり秋も深まり…と言いたいところですが、このところ急に寒くなり、私は冷え性なのでレッグウォーマーとふわもこ靴下愛用の毎日です(*_*)

 

こう寒くなると、やはり人肌恋しくなりますが…(それはちょっと冬までおいといて♡)、今回は秋らしく「別れ」の曲を書いてみました。

 

お別れの仕方って…大事ですよねw

『終わり良ければ全て良し』とはよく言ったもので、後味の悪い“それ”になっちゃうと、もぉ、末端まで消し去りたい最悪な記憶でしかありません ┓( ̄∇ ̄;)┏

 

世間では「綺麗な別れ方なんてないw」なんて冷めた言い方する人もいるけど、私はそんなことはないと信じたいです(T^T)

 

だって、色んな事情があってさよならしなきゃいけなくなる事はあるけれど、友達、家族、恋人…、素晴らしい想い出をくれた人であれば、出来ることなら感謝の気持ちを伝えてさよならをしたいものです。

 

逆を返すと、そう思えるような、思ってもらえるようなお付き合いをしていけたらいいな、と思うようになりましたw

 

それを今の私に置き換えると何なんだろう…

 

こういう風に音楽ができるという事、聴いてもらえる場があって、沢山の人たちに支えてもらって、掛け替えの無い時間を過ごせてるという事…

もう、ありがたいことばかりで恐縮です(^_^;)

 

正直、こんなに幸せだなぁと感じるのは…

えーっとえーっと、、、

出産直後以来です(笑)

 

なーんてことを、ふと思っていた時にこのメロディーが浮かびました♪

ポップだけど、なんだろ…こう…込み上げてくるようなメロディー…

すぐに録音して、今この時、この場所、この気持ちをそのまま書き出してAメロ完成w

多分、『今』が『過去』になってしまったら、きっと書くことは出来ない詞だと思ったので、これをそのまま使うことにしました(ゝω・)

 

そして、今回は私たちのユニットのオリジナル曲では初めて、自分達以外の方に演奏の協力をして頂きました。

ギタリストであり、歌も作曲もオケの制作までもされている『棚卸の季節2』さんです(拍手☆)

 

 彼は納得するまで弾き続ける、自称「スポ根系ギタリスト」さんらしく、今回もかなりの根性で挑んで下さったそうです(≧∇≦)

そしてこの曲のイメージにぴったりの、秋空に爽やな風が吹き抜けるような演奏で華を添えて下さいました♪♪♪

 

そんな個性派イケメンの棚卸の季節2さんのチャンネルはこちら↓↓↓

https://www.youtube.com/user/tanaoroshinokisetsu2

 

さらに今回は相方のGAINさんが自らラップを加えて下さり、なんか足りないなwと感じていたノーマルな曲が立体的に仕上がりました☆

 

もう、さっきの話ではないですが、感謝の気持ちでいっぱいです(T_T)

 

素人の主婦がアカペラで作った歌を、相方GAINさんの手によって施され、曲になる。

そこに一人のギタリストのメロディーが光り輝き、私が詞を歌い出す…

 

いい歳した大人3人が、何の利益もなく別の場所で必死になって一つのことに取り組んだという事実は、平凡な半生を歩んできた私にとっては、もう、なんだろ、、、

 

『音楽にカンパーイ(^-^)人(^-^)♪♪♪』

 

って他ないですねヾ(o´∀`o)ノ

 

 みんなみんなありがとうー☆☆☆

 

********************

 

~ 一部歌詞より ~

Now I am happy.
and Please continue to live a happy life

(私は幸せです。だからどうか、あなたも幸せな人生を歩んで下さい)

 

思い出と涙は「ありがとう」の
歌詞にのせてうたう

 
f:id:BENNIE_SONGU:20161022134139j:image

↓↓↓

https://youtu.be/3sQ78JPV8lA

 

ついつい長くなってしまったーw

聴いて頂けると嬉しいです(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床心理室へ

先月、小児科の先生から紹介状を書いて頂き、先週大きな病院で息子のWISC(IQ)の検査を受けてきました。

血液検査とCTを撮り終えると、次は臨床心理担当の先生が迎えに来てくれました。
とても表情豊かな女性の先生で、息子は挨拶の時点で既に心を開いた様子(^-^)
皆でにこやかに臨床心理室へ向かいました。

部屋に入ると、思わず下の妹も手が出る程の魅力的な小道具達がいっぱいw

説明を受けてから、早速テストが始まりました。



約1時間後、

疲れながらも、やりきった感の顔で息子が部屋から出てきました(^_-)

その後少し、家での様子や特に困っていることなど、先生と私で話をしました。

現時点で診断が下る訳ではありませんし、全く問題がないかもしれません。
問題が無いにこしたことはないけれど、どちらにしても、『出来ない』のではなくて、『出来るようになるまで時間がかかる』だけと認識して下さいとのことでした。
例えば逆上がりが苦手な子は出来ないのではなく、出来るまでに人より何倍も時間がかかるだけ、と、同じことらしいです。

なので、息子が、比喩・遠回しな会話、相手の気持ちを読みとる…などの会話が難しいとするならば、何度も繰り返し、かみ砕きながら根気よく説明するこにより、大人になった時には今より沢山のことを理解できるようになるとのことでした。

一般的には、一度言えば一度で理解できるのが当たり前、更には早く理解出来ない事は劣っている、という比較が生み出した社会の風。
それらを、せめて私たち親だけでも一旦リセットし、こちらの思考を変えてゆっくり進めばいいだけのこと。

みんなが3回で解ることをこの子は30回かかるだけ。

そう教えてもらえただけでも、この検査を受けた甲斐がありました。

そして長所こそをどんどん伸ばしていってあげて下さい。と言われました。

そんな話を聞いた後、なんとなく自分のことを少し思い出しました。

(ここからは少し私の昔話ですw)
私は人よりかなり色んなことを呑み込むのが遅い…デス。ハイw(つд`)
今でも周りをイラつかせること、、、多々(;^_^A

でも昔から、理解したいと思う気持ちは強かったのか、中学では授業が終わると先生を捕まえてよく質問をしてる生徒でした。

話しやすい先生だと『またオマエか~w』とか、半分呆れ顔で相手をしてくれていましたw

友達からも、天然だとか、めんどくさいとか言われていたので、 特に勉強に対しては劣等感が強く、必死にがんばってたかもしれませんw

今思うと、単なる見栄だけの為に、私は必死で勉強して、高校は私学ですが特別進学コースにギリギリセーフで進学しました。

しかしここは、私が来るコースではなかったのです(ToT)(ToT)(ToT)

何も知らずに入ったここのクラスは、国公立大学を目指す人達が集まっている場所でした…(゚◇゚)ガーン

全寮制でワクワクしたのなんて束の間(>_<)夕食、入浴のあとは、夜中の11時間目まで授業授業でしたw

みんな凄いなーと国公立目指してる友達を横目に、私は一人上の空( ̄。 ̄;)
今でも、なぜ卒業できたのかがナゾですw

と、なぜこんなことを暴露しているかと言うと、
『苦手なことを頑張ってもさほど実を結ばない』と、(私個人の勝手な解釈ですが) 自分の涙ぐましい過去がある意味一つの残念な実験結果のようでw、現在の息子の問題に直面した今、何かのヒントになっている気がしなくもないような…

そのようなことから、目くじら立てて彼の苦手分野を気にするより、得意分野を伸ばしてあげたい、という気持ちになりました。しかし、会話・コミュニケーションというのは、私の単なる見栄っ張りなだけの勉強なんかよりも断然必要不可欠なものなので、できるだけ私も肩の力を抜いて、長い目で一緒に成長していけたらと思っています(;^_^A
f:id:BENNIE_SONGU:20160730141616j:plain

きっと大丈夫(^-^)

息子のことで、彼が幼い時から随分悩んできました。

よく、「ん?」と思う事がある度に、いけないと分かっていても、どうしても他の子と比べてしまったり、私の中の “子供レベルの最低ライン” ができていないと少しイライラしたり…。

でもそんな心配よりも、一番のイライラは、“会話が大変” という点でした。

小学校低学年の頃の一例

母「落としたら割れるから気を付けてね」
子「本当に割れるの?」
母「割れるよ」
子「割ってみてもいい?」
母「アカンよー!」
子「割れへんかもしれんやん!!」
母「…」

途中で物を大切にしないと…的なやりとりもあったと思いますが、最終的には私が仕方なく欠けている茶碗を渡し、(縁起が悪いですが)外で本人が納得するように割らせたというような事がありました。
これに似たことは茶飯事。


これやっちゃダメだよ。という事は、必ずやります(-ω-;)トホホ

自分で確かめないと納得してくれません(-ω-;)トホホ


男兄弟のいない私は、“男の子”という未知なる生物に慣れていないので、なぜこんなことをするの?と不思議に思った時は、よく育児本に頼っていました。
それによると、母親にとっては ”いたずらや奇行と感じる事” も、彼らにとっては ”大切な実験“ と書かれていたので、(へぇ~そうなんだぁ)と至って普通な事だと妙に納得していました。

そして小学校にあがると集団で遊ぶことが増え、ある日、立場の強い友達が全員に目を瞑らせ「この中でオレの事をウザイと思ってるヤツ手上げろ」という状況で、うちの子だけが手を上げてしまい殴られた、ということもありました。

高学年の時には、3階の教室の窓から、自分が持っていったカマキリをみんなの前で投げたらしく、虐待だと非難され、「残酷なことをしてみんなが驚きました。生き物の命を大切にするようにご家庭でも指導してください」と、先生から電話がありました。

しかし、うちの子は小さい頃から人一倍昆虫が好きで、図鑑の内容は全て頭に入っていて昆虫博士と言われていた程です。大切にしない訳がありません。
私は、息子になぜそのような行動をとったのかを訊ねてみると、「カマキリのメスは重いから飛べへんけど、オスは軽いからどこまでも飛べるねん。だから絶対にケガもせーへん。殺すなんて、そんなことする訳ない!先生はオスの事を知らんだけや!」と泣いて言いました。
私は(よかった…やっぱりよく理解した上での事だったんだ。虐待ではなかったんだ)と、胸を撫で下ろしましたが、その反面、辛い想いをしただろうな…と心を痛めました。

ここでは、説明無しで突然こういう行動をすると、見ていた人は驚いて誤解するかもしれないという、“一歩先のことが読めなかった” という点と、“先生にこう説明が出来なかった” という点が問題だったということは、この時は気づいてあげられませんでした。

他にも、理解し難いちょっとした事件や、親にとっては笑えるようなエピソードは山のようにありますが、私だけはいつも理解しているつもりだったし、個性だと受け止めていました。

しかし、成長するにつれて、学校でのトラブルは深刻化していき、中学生になると、学校に行けない日が出てきました。

私たちの育て方や接し方に何か問題があったのか…今は私の好きな趣味をしている場合なんかじゃないのかな…とか悩むようにもなりました。

親子の会話でも、例え話しや説明(とても簡潔にわかりやすくしているつもりで妹は理解できる)の途中で、「もう何言ってるかわからん!(>_<。)」となってしまう時が増え、全く成り立たないので、私も精神的に疲れていきました。

考えても答えは出ないまま…

そして担任に相談し、相談窓口や病院を紹介してもらいました。

まずは近所にある発達障害対応の病院で相談してみました。
恐らくアスペルガー症候群の素質が強いとの事で、LD支援研究会への参加を勧められ、先日参加してきました。

先ほど書いたような事例もありますが、逆に私よりしっかりとしていたり、繊細だったりする部分もあります。

なので、今回病院へ行くことを、どのように本人に持ちかければ良いか悩みましたが、「病院に相談したら、色んなことが良くなるかもしれないから、一回行ってみる?」と言ってみました。
すると

『やっとわかってくれたー…オレ病院行く!』

と、安堵の表情で言ってくれました。

研究会でこのことを話すと、専門家の先生は、「お母さん!それだけでgood!!(^o^)」と、大きなOKサインをくれました(笑)

アスペルガー症候群という障害だとしても、薬もなく、身体的障害や知能的障害でもないので、周りからは当然理解されにくく、本人はただ苦しみ悩む…という事でしかありません。

将来の為に、どうすれば良いのか…。
何がしてあげられるのか…。

まずは親が理解しようとしてあげること。そして、スムーズに事が運ぶようなコツを掴めるように促してあげること。

将来、この問題で、本人が傷つき、苦しむことを少しでも軽減できるように。
それを乗り越える為のコツとは…。

まずは本人に上手くいった成功体験を増やし、何度もそれを記憶させ、その回路を太くしてあげることがとても重要で、その回路が太くなると自然と出来るようになるということも可能だそうです。

文章で書くのは簡単ですが、実際はとても大変だと思います。
でも出来る限りの事はやってみようと思います。

専門家の方から、最後に、
「あまりお子さんばかりに気を取られずに、お母さんも趣味など、好きなことを沢山してくださいね」
と、言われました。
私は音楽をしていることなど一言も言っていませんが、この言葉が何よりもの支えとなりました(笑)

診断が下っても、そうでなかったとしても、この日を境に息子への接し方に余裕が出来たこと、彼も前向きになろうとしていること、少しずつでも良い方向に進めるように、家族でも協力していけたらいいなと思います。



f:id:BENNIE_SONGU:20160627094034j:plain


では実際、「成功体験を増やすコツ」というのはどういう行動を起こせば良いのか…。

それを教えて頂いたことを次回に書きたいと思います。

【木漏れ日】Pianocafe Kumiオリジナル(カバー)★完成

いつものように、YouTubeチャンネル登録をしているお友達の動画を見ていた日のこと…

このところ少し気分が沈んでいた私は、ある曲に心を奪われました。

何とも美しく、気持ちが落ち着くメロディー。
心地よくて何度も繰り返し聴いていました。


(キレイだなぁ~…)


ただその気持ちだけで、何も考えずにフルートを取り出し、浮かんできたままに対旋律を作ってみました♪

ピープー♬

f:id:BENNIE_SONGU:20160616121253j:plain
(↑適当すぎる私流楽譜^_^;)


こういう瞬間って、私凄く楽しいんですよね~♪

おー…いいかも!♪♡

思いの外満足のいく仕上がりになったので、誰かに聴いてほしくて、録音しユニットの相方さんに聴いてもらいましたw

返ってきた言葉は、

「いーやん♪コラボしてもらいなよー!ミックスしてあげるよー(^-^)」


(まじかーw 嬉しいけどぉ。。。)



YouTubeを始めて4年。

最初は一人で何となく始めたチャンネルですが、ユニットを組ませてもらったことがきっかけで、その時から沢山の方に聴いて頂いたり、また数々のバラエティー溢れる音楽に出会うこともできました。

そこには、“自分を表現する” 人達が大勢いて、完成度の高い作品を作り込む人や、恐れる事無く生感を強みとする人、誰かの応援をする人たちのパワーが漲っていました。

彼らの音楽を聴くと、プロアマ関係なく“凄いなぁ” とか、違う意味で ”スゲーなぁ(笑)“ とか(←毒w)
何かと無知な私にとっては、見ているだけでとにかく刺激と勇気を与えてもらう場所となっています♪

そして今回、この一耳惚れした曲の作曲者もその中の一人で、以前から素敵だなぁと憧れていたpianocafe kumiさん♪

彼女は、ピアノの講師でもあり、オリジナル曲を中心に幅広い活動で多くのファンを持つ、私の中では神的ピアニストです☆

お願いすれば快くOKして下さるとは思ったけれど、素晴らしい作品に泥をぬってしまうかも…という不安がありました。
しかし、相方さんの応援もあり、勇気を出してお願いしてみることにしました!


このようなことから、突然湧いて出た夢のコラボ実現となりました☆


曲のタイトルは「木漏れ日」


その名に寄り添えるよう、柔らかな光の射す優しい緑の空間に、森の息吹をプラスするイメージで作ってみました。


https://youtu.be/mS9ZMiPFBiI


拙いフルート演奏ですが、私自身が一番癒され、充実した時間を過ごさせて頂きました☆

このような素晴らしい曲と数々のご縁に恵まれたことをとても嬉しく思います(^-^)

心静かに耳を傾けて頂けると幸いです(^-^)♪


他にも素晴らしいオリジナル曲が沢山詰まったpianocafe kumiさんのチャンネルはこちら↓↓↓
https://www.youtube.com/user/pianocafe220